So-net無料ブログ作成
検索選択

世界遺産「富岡製糸場」 [雑記]

久しぶりの更新です。

3/26日の事です。
 2度目ですが世界遺産「富岡製糸場」へ行って来ました。
 
   群馬県富岡市富岡1-1
   電話・0274-64-3181
081.JPG

080.JPG

「場内案内図」
 まず最初に「富岡製糸場紹介ビデオ」を観るのが
 おススメです。
 とても分かりやすく説明してくれるので、その後
 場内を自由に見学するとぐ~と理解が深まります。
082.JPG
  
  「世界遺産登録認定書」
013.JPG

「正門入り口」
 近代日本を代表する建造物の富岡製糸場は
 1872年(明治5年)に明治政府が主要輸出品である
 ”生糸”の品質向上と増産のために機械製糸技術を
 普及させる目的で設立した官営のモデル工場。
005.JPG

「東置繭所(ひがしおきまゆじょ)」明治5年建築
 1階は事務所、作業場などとして使い、2階に 乾燥させた
 繭(まゆ)を貯蔵。
007.JPG
042.JPG
041.JPG
030.JPG

「東置繭所」の内部・2階・繭の保管所
028.JPG

「西置繭所」
 東置繭所とほぼ同じ。
032.JPG

「繰糸所(そうしじょ)」明治5年建築
 繰糸所は繭から生糸を取る作業が行われていた場所です。
 創業当初はフランス式の繰糸器300釜が設置され
 世界最大規模の製糸工場。(左側の建物)
044.JPG

「繰糸所」の入口
 048.JPG

「繰糸所」の内部
 小屋組みには「トラス構造」という従来の日本にはない
 建築工法を用いているため、建物内部は中央に柱のない
 広い空間が保たれています。
055.JPG
053.JPG
049.JPG
現在は、昭和40年以降に設置された自動繰糸機が
保存されています。
050.JPG
054.JPG

工女さんと言えば、歴史の物語に出てくる
「奉公先で苦労をする」と言うイメージがありますが
ここ富岡製糸の工女さんは違っていた様です。
  
工女さんの労働環境は充実していて当時としては
先進的で日曜日は休み、年末年始と夏期の
10日ずつの休暇、1日8時間程度の労働で
食費、寮費、医療費などは製糸場持ちで
制服も貸与されたそうです。

各府県から士族や上流出身の若い女性が多く集められ
ここで器機製糸を学んだ工女さん達は、のちに故郷に戻り
技術指導に当たったそうです。

「検査人館」
 生糸の検査などを担当したフランス人男性技師の
 住居として建設。
070.JPG

「女工館」
 糸取の技術を教えるために雇われたフランス人女性教師の
 住居として建設された物。
047.JPG

「首長館」明治6年建築
指導者として雇われたフランス人”ポール・ブリュナ”が
家族と暮らしていた住居。
067.JPG

「診療所」
057.JPG

「病室」」060.JPG

「社宅群」
役員のために建てられた社宅・明治時代の建築
現在も一部、従業員の休憩場として使用
034.JPG
036.JPG
037.JPG

「寄宿舎」
064.JPG
065.JPG

「実演コーナー」
020.JPG
019.JPG
021.JPG
018.JPG

「売店」シルクグッズがたくさん。
026.JPG
017.JPG

「シルク洗顔石鹸」
お土産用として良く売れていると言うシルク石鹸。
店員さん曰く・・・
乾燥肌の方には潤いを与えるんだそうです。
で・・・3個お買い上げ。
001.JPG

「富岡のマスコット人形”お富ちゃん”」
022.JPG

富岡製糸場は和洋工法を融合した建築の代表とされ
創業当初の施設がほぼ完全な形で残されています。



    


   



  


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

旬の味 [食べ物]

季節の移ろいを感じさせてくれる出来事は色々ありますが
私にとってはスーパーで見かける”春野菜”もその一つです。

これからの旬の食材と言えばタケノコ、菜の花、春キャベツ・・・

色々ある春野菜の中で特に目に止ったのは「春キャベツ」。

009.JPG

つい最近まで寒さに耐える様にしっかり巻いていたキャベツ。
それが柔らかな葉に変わり、ふんわり巻いているのを見ると
「あ、春だ、春が来た」と実感します。

010.JPG

     春キャベツは柔らかいのでそのまま
     生で食べても美味しいのですが
     今回作ったのは春キャベツの甘味が際立つ
     「春キャベツとベーコン」のあっさり煮です。
001.JPG
    ベーコンからいいダシが出るので味付けは醤油のみ
    ベーコンとキャベツはとても相性が良いですね。
 
    そしてもう一品作ったのは「春キャベツの梅浸し」。

025.JPG
     キャベツは熱湯でサッとゆでる程度で
     これを梅干しの酸味とジャコのうま味の
     溶けただし汁に浸します。

      キャベツ300グラム
      ちりめんじゃこ15グラム
      梅干し1~2

      「浸し汁」
      ダシ1と1/2カップ
      酒大さじ3
      みりん大さじ2
      塩小さじ1/2
      醤油少々
      鍋に浸し汁を合わせ、ちりめんじゃこ、
      ちぎった梅肉を入れてひと煮立ちさせて
      冷まします。

      きゃべつの汁気を絞り、浸し汁に浸けます。

    翌日も味が良く浸みて美味しいです(*^^)v
      

   
   



nice!(43)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

3月の庭の花たち [ガーデニング]

今日の群馬地方はくもり[曇り]

 暖かい日が多くなると、そそくさと花屋さんへ
 足を運んでしまいます。
        ・
        ・
 そうすると、ついつい買いたくなってしまいます。
 で・・・・今日は、
 何度か降った雪に花が埋もれ枯れてしまった部分の
 隙間を埋めるのにポット苗を買ってきました。

007.JPG

 積った雪に押しつぶされ花が枯れた部分。
017.JPG

018.JPG

丸い鉢の枯れた部分にネモフィラとローダンセマム。
四角のプランターに黄色のプリムラを植えました。

010.JPG

ノースボールの隣の枯れた花の後にリナリアを(右)
011.JPG

芝桜が植えてあった部分には花鉢を重ねて置いてみました。
009.JPG

何時も変りばえしない庭ですが・・・
004.JPG

016.JPG

015.JPG

002.JPG

プリムラは冬からず~っと咲いていますが
気温が高くなると鮮やかさが増してきます。
019.JPG

ミツマタは満開です。
いい香りがあたり一面に漂っています。
001.JPG

002.JPG

つるバラが芽吹いています。
004.JPG

家の前の河津桜・八分咲き
014.JPG
013.JPG

お隣さんの梅の木。
004.JPG

植物で感じる四季、なかなか心豊かにしてくれますね[るんるん]












 

アメ横&浅草 [雑記]

湯島天満宮&上野公園の続きです。

  湯島から上野公園を経てアメ横へやってきました。

  アメ横は、JR東日本・御徒町駅(おかちまち)から
  上野駅間の山手線の高架橋西側と高架下の
  約500㍍に400店ある商店街です。

067.JPG

お店の熱気を楽しみながら歩くだけで元気になる商店街です。

068.JPG

  アメ横はテレビで良く紹介されていますが
  安くて珍しい商品がイッパイ!
  ついつい財布の紐もゆるみがちになります。

  中でも「ケバム」という食べ物。
  ビーフ、チキン、ミックスから選ぶ事が出来るそうで
  一皿500円。
010.JPG
  屋台で気軽に好きな物を買って食べ歩くのも良いですね。

さて、最後は上野から地下鉄・銀座線に乗り浅草へ。

浅草駅から東武特急で群馬に帰りますが
せっかく浅草に来たので「浅草寺・せんそうじ」に
お参りしました。

 「雷門」
 大きな提灯がぶら下がった雷門前は
 浅草のシンボルとして親しまれており
 記念撮影に欠かせませんね。
105.JPG

 「仲見世通り」
 外国からの観光客が多いですね!
 すれ違う会話は中国語フランス語英語しか
 聞こえてきません!!
 ここは日本?・・と思うぐらい。
102.JPG

104.JPG

 「宝蔵門」
 正面の門は宝蔵門。
096.JPG

 宝蔵門手前から門を超えたあたりから
 「東京スカイツリー」が見えます。
 記念撮影スポットです。
100.JPG

 「五重の塔」
 本堂の西南に位置するこちらは存在感ある塔です。
098.JPG

 お線香を買って有難い煙りをたくさん浴びてきました。
093.JPG

 「本堂」
 ご本尊は「聖観世音菩薩」
 094.JPG
 (写真が白っぽいのはお線香の煙)

 浅草寺は年間3,000万人が訪れる観光スポット。
 いつ来ても人、人、でごった返していますが
 何故か厳かな気分になる場所です。

 この後、浅草駅から電車に乗り
 無事家に着きました。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。
 

  
nice!(46)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感