So-net無料ブログ作成
検索選択
ガーデニング ブログトップ
前の10件 | -

ハイドロカルチャー [ガーデニング]

今日、買い物の帰り久しぶりに園芸店に立ち寄りました。

今の時季は花数が少なくてちょっと寂しい感じが
しましたが、それでもパンジーやビオラ、プリムラ
スイセンなどが店頭に並べてありました。
005.JPG

003.JPG

002.JPG

また、屋内の園芸コーナーでは春の花が
一足早く咲いていました。
お目当ての室内用の観葉植物もたくさん売っていたので
ハイドロカルチャー」を造るのに何鉢か購入。
029.JPG

さて、本題に戻りますが、
「ハイドロカルチャー」ってご存知でしょうか?

土を使わずにグリーンをイキイキ育てる室内園芸に
ぴったりの清潔な植物栽培システムです。
001.JPG

粘土を高温焼成したボール状のハイドロコーン。
このツブツブが土の代わりに植物を支え
水と空気を供給します。
それに土を使わないので清潔です。
001.JPG

四季を室内で楽しむには、ハイドロカルチャーは最適です
基本は、穴のない外鉢の中にハイドロコーンで育てた
内鉢を入れ水位計で水の量を管理するというものです。
thVOQ2XVZL.jpg

th6EXS39Q7.jpg032.JPG

水やりの失敗がないので初めての人でも大丈夫です。

ハイドロコーンの他に「エコ・スギバイオ」を使った
植え込み方法もあります 
エコ・スギバイオ↓
ecosugi_p05s.jpg

100%国内間伐材の土壌にバクテリアを散布したもので
使用後は燃やすことが出来ます

「エコ・スギバイオ」で植え込んだ植物
005.JPG

033.JPG

大きい植物もミニ観葉もサボテンも、そして寄せ植えも
簡単に楽しめるのがハイドロカルチャーです。







アザレア(西洋ツツジ)展 [ガーデニング]

昨日、群馬フラワーパークで開催中の
温室イベント「アザレア」展に行って来ました。

温室では年間7回、テーマに沿って
ガーデン企画展が行われています

冬に開催されるのが「アザレア展」
(展示は2月12日まで)

樹齢95年、高さ2㍍、世界に誇るアザレアが
年の始めに咲き誇っています
040.JPG

thFQWUVMHG.jpg

037.JPG

外国で品種改良されたアザレア(西洋ツツジ)
035.JPG

038.JPG

その他、冬でも咲いている元気な花々。
032.JPG

029.JPG

020.JPG

温室前の「コニファーガーデン」
037.JPG

屋外の「大花壇」
季節ごとに模様替えされ春は沢山のチューリップが
咲き誇ります

園内中央に位置する「パークタワー・高さ18㍍」
001.JPG

004.JPG

パークタワーから見下ろすと花で描かれた
まるで絵画の様な風景が広がります
005.JPG

大花壇の反対側の風景、奥に見える山は有名な「赤城山」
008.JPG

フラワーパークのある群馬県前橋市は
晴天率が全国第4位だそうで、園内は
いつも澄んだ青空が広がっているとの事です[晴れ]









庭の掃除 [ガーデニング]

今日は風もなくいいお天気[晴れ]
やっぱりお天気だとテンションが上がりますね
で・・・
ず~とサボっていた庭の掃除をしました

 落ち葉が大量に・・・[ふらふら]
001.JPG

 毎年の事ですが落ち葉掃除は大変です
 掃除しても風が吹くとまた落ち葉が舞い落ちる!
 そして掃除・・・この繰り返し

 玄関前の道路もご覧のとおり。。。。
002.JPG
 
 落ち葉との格闘はまだしばらく続きそうです[ちっ(怒った顔)]

 そして木々は一雨ごとに葉を落とし枝だけに。
 秋深しですね~


宿根草もだんだん花が少なくなり庭は寂しくなってきますが
我が家では、花壇の縁取りや寄せ植えなどに植えた
「アイビー」が寒い中でも頑張ってくれています。
これが結構いい仕事をしてくれているんですよね[わーい(嬉しい顔)]
006.JPG

 ネコちゃんもこの場所がお気に入りの様子[猫]
 何だか、絵になっていますよね!
 (ちなみに、我が家のネコではありません)
ネコ.jpg

005.JPG


樹木は落葉し寂しい印象になった庭に数鉢の
花鉢を置いてみました
038.JPG

015.JPG


何鉢か寄せ植えも造りました
006.JPG

007.JPG

002.JPG

028.JPG

005.JPG


庭は最初にお客様を迎える場所として
第一印象の良し悪しが気になる所ですが
花鉢を一つ置くだけで随分印象が変わるものです。











 

10月の庭 [ガーデニング]

雨ばかりのせいで思う様に手入れが出来なかた庭ですが
それでも初夏に植えた”ベゴニア”や”コリウス”が
秋の日差しの中で綺麗に咲いています。

★ カラフルな葉っぱのコリウス ★

020701_175.jpg

011.JPG

花とは違った独特の魅力を持った植物です
009.JPG

手間もかからず楽に育てられるのでとってもおススメです
種類も豊富で鉢植えにしたり花壇、ハンキングバスケットなど
様々な楽しみ方が出来ます

★ コリウスとこぼれ種で咲いたトレニア ★
006.JPG

001.JPG

003.JPG

★ 庭の隅に植えた「ツルニチニチソウ」が
  地面を這ってその範囲をどんどん広げていきます
002.JPG

009.JPG

010.JPG

★ 「ハナトラノオ」と「ショウカイドウ」が見頃です
001.JPG

006.JPG

コリウスは目に見えて生育が早く育てやすい!・・・と
メリットがたくさん。

シソ科の植物で亜熱帯が原産です
大別して主に葉っぱを楽しむ物と花も楽しめる物がありますが
ここでご紹介したのは美しい葉っぱを楽しむためのコリウスです。







ローズマリーの挿し木 [ガーデニング]

気温が上がり過ぎないこの時期は「ハーブローズマリー
の挿し木をするのに最適な季節です。

 伸びた枝を切って”挿し木”にトライしてみては
 如何でしょうか?
mary1.jpg

 ★ローズマリー(立性)・シソ科
069.JPG

 ★ローズマリー・マジョルカピンク
070.JPG

~~挿し木で育てる~~
 
 ●茎の先端を10㌢ほど斜めに切る
27e2fb112a361715189fb53a11916a3d_1450031646-480x320.jpg

 ●斜めに切った茎の下葉を落として2時間ほど水に浸ける
th2DAO4AQM.jpg

thVZUEF5W1.jpg

●水に浸したあと培養土などに挿し日陰に2~3日置く
 その後、日当たりの良い場所に移動させ2週間位おきます。
ローズマリー.jpg

 水やりは土の表面が白く乾いたらたっぷり与えます。

●根が出てきたら大き目の鉢に植え替え
 大きく育てます
thR11H0NJH.jpg

 最初はローズマリーの”ポット苗から育てるのが
 一番手軽で確実な方法です。

●ポット苗
2.jpg

●ハーブを吊るして、並べて、楽しむ
013.JPG

015.JPG

010.JPG

●形は自由自在・ローズマリーのリース
011.JPG

ローズマリーは育てやすくて用途もたくさんあって
魅力がいっぱい!
収穫はもちろん、成長の過程を見るのも楽しいものです。[るんるん]







 

 




ガーデニング「玄関先のコーディネート」 [ガーデニング]

8/26日のことです。
この日は晴天、とても暑い一日でした[晴れ]

以前、あるお宅からガーデニングの依頼があり
玄関先のコーディネートをしたのですが
その後の様子を見るのとメンテナンスに行って来ました。


依頼主さんの希望が、育てやすくて手入れが簡単なこと。
そして鉢の数は手入れが出来る範囲ないで・・・
という事だったので、一般的に入手しやすいペチュニア、
マリーゴールド、メランポジューム、トレニアなど
比較的丈夫な花を選んで6鉢造りました。

お伺いしてビックリ[目]
お手入れが良くてメンテナンスの必要がありません
6鉢綺麗に咲いていました
丹精込めて育てていらしてコーデイネートした
私も嬉しい限りです。

024.JPG

025.JPG

026.JPG

027.JPG

全体はこんな感じです ↓

023.JPG

玄関ドアー側から見た感じ。

030.JPG

階段を利用して高低差をつけるディスプレイも効果的です。

住む人の顔とも云える玄関は来客を迎える場所として
第一印象の良し悪しが気になる所です

玄関前に鉢を一つ置くことで随分印象が変わるものです。

郵便受け下の狭いスペースも有効活用です
7927_m.jpg

階段横のスパースにも。

7933_m.jpg

ガーデニングの中でも「コンテナ(鉢)ガーデン」が
いま注目されています
コンテナの中で空間を上手に利用した
「寄せ植え」が人気です。

訪れる人を迎えるために気持ちを樹木や草花に
託してみてはいかがでしょうか。











食用でも楽しめる「ナスタチウム」 [ガーデニング]

 ご無沙汰して居ります
 2ヶ月半ぶりの更新です。

  暑いですね~[あせあせ(飛び散る汗)]
  関東地方もやっと梅雨が明けました。
  我が県(群馬)は連日猛暑が続いています。
  もうこの暑さ!・・・殺人的レベルです[晴れ]

  この暑い中、我が家の庭では鮮やかな「ナスタチウム」が
  競うように咲いています。

  花の色が鮮やかで丸い葉っぱが愛らしい「ナスタチウム」
  和名は「キンレンカ」

004.JPG

006.JPG

ナスタチウムは観賞するだけではなく食用としても楽しめます。
     
  野菜として沢山いただくのには適しませんが
  付け合せに添えると、その鮮やかな色彩は
  お皿や料理によく映えます。

c00184.jpg

  ピリッととした辛みを持つ葉っぱは生のままサラダ
  加えたりサンドイッチに挟んだり・・・
th8L9OOCA7.jpg

  ナスタチウムは”ワサビ”に似た風味がありビタミンCや
  鉄分が豊富で強壮作用があるそうです。

th7XSTELRR.jpg


thS2GNEXNA.jpg

  果実(実)はすりおろして薬味として利用できます。
thF8BS9ZFU.jpg

  ナスタチウムは肥えた土地でない方が花付きが良いので
  肥料や水をやり過ぎないのがコツです。

  日当たりのいい場所で乾燥気味に育てます
     
  苗から育てると育てやすいです。
     



     



      

ツツジと花 [ガーデニング]

花の時季になるとあちらにも、こちらにも、と
多くの家庭や公園でツツジが植えられているのに
気づきますね。

 ツツジには「シャクナゲ類」と「ツツジ類」の2つに大別され
 一般のツツジという場合は「ツツジ類」を指すそうです。

  「満開になった庭のツツジ」
003.JPG

001.JPG

002.JPG

  ツツジは日本に自生している野生種からたくさんの
  園芸品種が生まれ庭木として良く用いられています。

  それほど大きくならず扱いやすくてしかも栽培が容易、
  花が美しいと、優れたところの多い木です。

  ~庭の花たち~
   「姫小菊」多年草・霜に弱いので注意です。
003.JPG

   「都わすれ」
012.JPG

   「キンギョソウ」
034.JPG

  「ギボウシとアジュカ(じゅうにひとえ)」
   どちらも日当たりの悪い所でも育ちます。
009.JPG

  「つるニチニチソウ」
005.JPG

  「紫陽花」
  8日、母の日に届きました。
  007.JPG

さっそく日当たりのいい場所へ。
006.JPG

  「チェリーセージ」
  放任でもキレイな花を毎年咲かせるハーブ
001.JPG

  今日のティーちゃん[猫]と花[かわいい]
019.JPG

015.JPG

  


姫リンゴ&キンギョソウと猫 [ガーデニング]

はじめに、
『 先日起きた熊本地震
 大変な状況とまだまだ余震が続いていますが
 皆様の安全をお祈りいたします。
 また、被災地の方々におかれてはどれだけ不安で
 怖かった事かと察するにあまりあります。

 本当に心よりお見舞い申し上げます 』


  さて、我が家の庭の”姫リンゴ”の花が満開になりました。
  前にアップした時の”姫リンゴ”はやっとツボミが 
  膨らみ始めたばかりでした。
003.JPG

  今日の”姫リンゴ”の様子です。
011.JPG

 4月頃ピンク可愛いツボミをたくさん付け
 満開時にはその花が白くなります。
002.JPG

 白色で小房状の花を咲かせ、花後は緑色の
 実を付けます。
 緑色の実がだんだん大きくなり9月~11月頃には
 赤く色付いてきます。
021.JPG

020.JPG

 「キンギョソウ」
 冬越しをした”キンギョソウ”がようやく咲き始めて
 きました。
002.JPG

001.JPG

032.JPG

 今日のティーちゃん。
 花の間を足どり軽くやって来ました。[猫]
014.JPG

 カメラを向けたらソッポを向かれちゃいました!
010.JPG

 何回か名前を呼び続けていたら振り向いて
 くれましたが、何だか迷惑そうな顔・・・!
011.JPG

  015.JPG

017.JPG

 すりすりするこの姿が何とも可愛いんですよね♪





  
  


  

今日の庭(4月) [ガーデニング]

庭の”ユキヤナギ”と”芝桜”が満開になり
庭全体がいっそう賑やかさを増してきました。

   「満開のユキヤナギ」
049.JPG

   「花壇の花とユキヤナギ」
060.JPG

   「アプローチに咲くユキヤナギ」
062.JPG

064.JPG

068.JPG

白い花をまるで雪が積もった様に咲かせるユキヤナギ。
花がいっぱい散ったあとの地面もまるで雪が
パラパラ積もった様で綺麗ですよね。

   「芝桜」
001.JPG

013.JPG

「ユキヤナギと芝桜」
005.JPG

   姫リンゴの新芽が大分大きくなりました。
002.JPG

003.JPG

   姫リンゴの木と、左の濃い木は”つつじ”
   手前黄緑の木は”コニファー”
007.JPG

   日陰でもよく育つ「ギボウシ」の新芽
008.JPG

004.JPG

美しい庭を年間通して楽しみたい!・・・と欲張りな私は
花期の短い植物ばかりを植えると花のない状態が
続く事になってしまいます。
そこで我が家では、
庭の3割を常緑樹に。
5割はパンジーやビオラ、シクラメンの様に
数ヶ月間咲き続ける花に。
そして残り2割はスイセン、チューリップの様に
その時季だけ咲く花にします。

このバランスなら常に美しさが保て、季節らしさも
楽しむ事が出来ます。





   



前の10件 | - ガーデニング ブログトップ