So-net無料ブログ作成

土鍋で炊く美味しいご飯 [食べ物]

鍋でご飯を炊いてみました
鍋の中でも一番のおススメはやはり土鍋
5b4fd94aa9f10e26968f4cd376ca9940_s.jpg

お米3合炊いてみました
軽量カップで量をしっかり計るのがコツです
002.JPG

 お米 3合
 水カップ 3(古米の場合は少し多め)

お米を洗って30分以上水に浸します

浸水したお米をザルにあげて水を切ります
001.JPG

水切りしたお米を土鍋に移し水3カップを足します

強火にかけ、沸騰したら弱火にして15分
(ふたは開けない様に)
15分経ったら火を消し10分~15分蒸らします

20131029okon9.jpg

電気釜に比べ早く炊けるし「おこげ」を楽しめます
a0002_004870-300x224.jpg

一見ハードルが高そうですが、一度炊いてみると
こんなに簡単に出来るんだ、と感動します
簡単でふっくらご飯が炊けます

で・・・
今日の夜ご飯は美味しく炊けたご飯と
ギョーザ、サラダ(レタス、トマト、ツナ)と
厚揚げの煮物、漬物、味噌汁(ほうれん草とタマゴ)
でした
003.JPG


土鍋でご飯・・・
試してみませんか?








nice!(48)  コメント(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

目からウロコの「裏ワザ」 [食べ物]

突然ですが・・・
皆さんは「レタス」の保存方法、どうされていますか?

ある雑誌を見ていたら「爪楊枝」を使った
「レタスの長期保存方法」という記事が載っていました
で・・・・試してみました。

参考までに皆さんにも紹介したいと思いアップしました

まず、こちらの↓サラダボールに入ったレタス
何日目だと思われますか?
なんと37日目[目]
3686_11.jpg 良く聞くのが芯をくり抜いて湿らせたテイッシュを詰める方法、 でも、この方法では5日位たつと画像のように切り口が 変色し葉もしなびてきてしまいます 3686_1.jpg 紹介されていたレタスの保存方法は「爪楊枝」を 刺す、という方法です! 3686_2.jpg 何故、爪楊枝を刺すと良いかと云うと レタスの成長点は芯の部分にあり、そこを適度に 破壊することでそれ以上の成長が止まり シャキシャキの状態が長く保てる・・からだそうです 爪楊枝は3本でも4本でもいいようです 無理なく刺せるところまで刺します 3686_3.jpg さらに引っ掛からない様に爪楊枝を押し込みます 刺したら2枚分のつなげたキッチンベーパーの 中央に芯を当てて包み、ビニール袋に入れて 冷蔵庫へ。 3686_4.jpg こちら↓ 1週間目 外した葉はまだ真っ白です 3686_6.jpg さらに3週間目 ↓ 相変わらずシャキシャキ 3686_8.jpg さらに5週間目↓ 緑の色味が少し浅くなった感じはしますが 特に異常なしです 150466178334965881179_3686_9.jpg さすがに5週間目になるとキッチンベーパーに カビの様な点が見られたので、ここでストップしました 保存している間ベーパーの状態も確認する方が 良いようです。 また、レタスの芯に”小麦粉”をつける方法、 小麦粉を付ける事で水分が抜けるのを ストップするからだそうです o0480048014020505850.jpg どちらもなかなかの成果はありますが・・・ とは言え、早く新鮮なうちに食べた方が もちろんいいですよね。
nice!(43)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

豆腐の日 [食べ物]

今日(10月2日)は豆腐の日。

夏は冷た~くして、
豆腐.jpg

冬は湯豆腐、
ec0361c1669bb2fce89d7f7601d90631f544b531_11_2_3_2.jpg

と、年間通して美味しい豆腐ですが・・・
そこで、
ふと思ったのですが
冷たい豆腐のことを”冷や奴”と呼ぶのは
なぜなんでしょうか?
で・・・
転んでもタダでは起きないmikanです
調べてみました

お豆腐屋さんに聞いてみました

豆腐の異名”冷や奴”は江戸時代に大名行列の
先頭で「槍」を振っていた奴さんの「紋」から
とったと云うのが通説になっています・・との答え

豆腐を四角く切ることを「奴に切る」といいますが
それが何時しか豆腐そのものを指すように
なったそうです
007.JPG

簡単なのに美味しいですよね

我家の湯豆腐のタレは京都風で
醤油、みりん、酒を火にかけ煮立ったら
すぐ火を止め、ネギのみじん切りと
かつお節を入れていただきます
cc8142ac5d88a21374cf3110041a0cd3.jpg

タレ
醤油・100cc   ネギ・好みで
みりん・50cc  かつお節・1パック
酒  ・50cc





nice!(37)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日は漬物の日 [食べ物]

今日9月21日は「漬物の日」
と、いう事で・・・
冷蔵庫にあった白菜の塩漬けで
豚肉と卵を使って炒め物を作ってみました

材料
白菜漬け・1袋
豚肉・200㌘
たまご・2個
ゴマ油・小1
醤油・少々
かつお節、刻みのり・少々

①白菜漬けと豚肉は食べやすい大きさに。
001.JPG

②フライパンにゴマ油を熱して豚肉を炒め
 肉の色が変わったら白菜の漬物を加えて
 白菜がしんなりしたら溶きタマゴ加えます
002.JPG

 味が足りない場合は醤油で調味します

③お皿に盛り付けお好みでカツオ節、
 きざみ海苔をかけます
003.JPG

白菜の漬物の他に大根でも高菜でも。
少し古くなった物や、どんな漬物を使っても
作れます。

ちょっと酸っぱくなった白菜漬物で作ると
一番美味しく、驚くほど味が変わります

少しボリュームが欲しい時は”はるさめ”などを
足してみるのもいいですね

冷蔵庫にある漬物でぜひお試しあれ。
 


nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

簡単「焼きりんご」 [食べ物]

ご近所さんに頂いたりんご、そのまま食べても
美味しいのですが、たまには「焼きりんご」にして
食べるのも美味しいです[わーい(嬉しい顔)]

20110104215556.jpg

すぐに食べたい!そんな時は・・・
オーブントースターを使って簡単に作れます。

シナモンの香りがふんわり~
熱々の焼きリンゴは寒い時期にぴったりです。

材料
 りんご  1個      バター 大1
 砂糖   大1~2   レモン 少々
 シナモン

りんごは適当な大きさに切ります(切り方はお好みで)
005.JPG

アルミホイルにりんごと砂糖、バターを乗せ
ホイルで全体を包み15分焼きます
007.JPG

009.JPG

15分ぐらい焼いたらホイルを開きさらに5~6分焼きます
010.JPG

少し焦げ目がつく位焼いた方が美味しいです
011.JPG

最後にシナモンとレモンを振りかけて出来上がり。
トロッとした食感、バターと砂糖で濃厚りんごに変身!
012.JPG

オーブンから漂う甘~い香り、
熱々でいただくのも良し、冷やしても・・・。
また、少し冷めてからアイスクリームと
食べると甘いスイーツになります。









お友達と鍋♪ [食べ物]

厳しい寒さが続きますね[雪]
目が覚めてもなかなか温かいお布団から
出たくありません!
このまま”クマ”の様に冬眠してしまいたいなぁ~
なんて思ってしまいます[時計]

寒いこの季節はやはり鍋が恋しくなりますね
最近我が家ではしょっちゅう鍋です!

昨夜はピリッと辛い「タンタン鍋」
我が家の一番人気鍋、パワーがつきます

豚ひき肉を使いますが、肉だけフライパンで炒めておきます
005.JPG

野菜はチンゲン菜、ネギ、もやし、しいたけ、エビ団子
を使いました
006.JPG

坦々鍋用のスープで野菜が柔らかくなるまで煮ます
008.JPG

最後に炒めておいた豚ひき肉を加え少し煮れば出来上がりです
009.JPG

ちなみに、その前の日も鍋[あせあせ(飛び散る汗)]
白菜と豚肉のミルフィーユ鍋でした
049.JPG

「ポン酢」で食べますが、ポン酢ばかりだと飽きるので
”薬味”を色々変えると飽きずに食べられ食欲をそそります
私のおススメは・・・
「大根おろしにかつお節と醤油」

他に、おススメの”タレ”があれば教えて下さい[わーい(嬉しい顔)]

そしてまたまた今日のランチはお友達と鍋!
味は・・・トマト味? キムチ味?
何味にするかで意見が分かれ、両方食べたいよね~って、
いう事でミックスしちゃいました[ふらふら]

お友達が作ってくれたのですが、
友達曰く・・・
家にある調味料を雰囲気で色々入れたので
もう同じ味は作れない!との事[ふらふら]
001.JPG

え~~
と、いう事はこの鍋・・・幻の鍋?!・・[もうやだ~(悲しい顔)]
また、この鍋食べた~い!!

料理上手な友達の鍋は本当に美味しかったです

ビールがあればもっと最高だったけど
今日はビール抜き!

鍋の〆は「キムチラーメン」

人に作ってもらって食べるのはなおさら美味しいですね。













びっくり!ピザ [食べ物]

突然ですが・・・
皆さんはピザ、お好きでしょうか?

あるサイトで紹介されていた「ピザ」のレシピを真似て
作ってみたら、これが予想以上に美味しかったので
皆さんにも・・・と思いアップしてみました[わーい(嬉しい顔)]

何がびっくりピザ?・・・かと言うと、
生地を油揚げで代用、
しかもトッピングするのは「しば漬け」

えっ!と思う方もいらっしょると思いますが
これが意外や意外、美味しいんです。

材料 2人分
油揚げ  2枚      とろけるチーズ 4枚
しば漬け 20~30g  ピザソース
ピーマン 1個
蟹かま  適量
カイワレ 適量
ハムまたはウインナー 2~3枚

油揚げは焼いた時にふくらむ事があるので
フォークなどで数か所穴を開けておきます
002.JPG

材料は適当な大きさに切りしば漬けは細かく刻んで置きます
004.JPG

003.JPG

油揚げの上にピザソースを塗りとろけるチーズをのせます
005.JPG

材料を全部のせたら最後にとろけるチーズを再度のせます
006.JPG

007.JPG

アルミシートに乗せ、オーブントースターで5~6分ほど
チーズが溶けて、油揚げに少し焦げ目がついたら出来上がり。
好みでレモン汁をかけると更に美味しいです[喫茶店]
008.JPG

出来上がり
009.JPG

とても簡単で見た目もキレイなびっくりピザ!
ぜひお試しあれ・・・(*^^)v





















郷土食「焼きまんじゅう」 [食べ物]

今日のおやつは、
上州(群馬)のソウルフード焼きまんじゅう。[時計]

thR511LY4D.jpg
thLM4LMNYK.jpg

お米と小麦粉を練り合わせたものを麹で
発酵させて作ります

蒸して作ったまんじゅうを竹串に刺し、濃厚な
あじ味噌ダレを裏表に塗って火にかけ焦げ目を
つけたものです

th10E5EYAS.jpg

th.jpg

まんじゅうはアンコが入っていない物が普通ですが
一部こしあん入りもあります

モチモチとして甘さ、辛さが絶妙なバランスで
食べ応えのあるしっかりとしたまんじゅうです
thKX95W3JO.jpg

冷めると固くなるのでお土産用として焼く前の物が
タレを添えてスーパーなどで売られています
th28J0S55H.jpg

001.JPG

群馬は「粉もの」が有名でその顔ぶれも様々ですが
「焼きまんじゅう」もその一つで個性的です

お祭りなどで「上州焼きまんじゅう」の名前で
露店でもよく見かけます。

何故だか、たま~に食べたくなるんですよね
美味しかったです、ご馳走さまでした[わーい(嬉しい顔)]








お土産に新蕎麦 [食べ物]

お土産に新蕎麦を頂きました。

お土産・・・いただく物は何でも嬉しいですよね[るんるん]
プレゼントを頂いた時に何時も思うんですよ。。。
このお土産を買う時には、
「私のことを考えていてくれた時間」だと。
メールでも同じですよね
書く時その人の事を思ってる・・・

お土産を選ぶ時って大変!と言いつつ
結構楽しいんですよね[わーい(嬉しい顔)]

お土産の「新蕎麦」
006.JPG

さっそく茹でてみました
004.JPG

thZW4IMQSX.jpg

005.JPG

新蕎麦と呼ばれる物は「秋の新蕎麦」「夏の新蕎麦」と
年に二度出るものらしいのですが、それぞれの時期の
蕎麦はハッキリと個性が分かれ味も大きく異なるそうです

thZUFTK522.jpg

夏に出る新蕎麦は主に北海道産(夏蕎麦)
秋に出る新蕎麦は本州から四国、九州などで
栽培される物で、いわゆる秋蕎麦

thRSAGXGF4.jpg

夏新蕎麦・6月中旬~8月中旬に収穫したもの
秋蕎麦は10月下旬~11月上旬に収穫したもの


さすが新蕎麦、とっても香りがよく
美味しくてクセになりそう~[るんるん]

たいへん美味しくいただきました[わーい(嬉しい顔)]



珍しい物見つけた! [食べ物]


JA直売所で珍しい物を見つけました。

「真菰筍(まこもだけ)」ってご存知ですか?

スーパーでは見かけない、まだまだメージャーな
野菜ではありません
JA直売所や道の駅など限定のようです。

~~まこもだけ~~
イネ科・多年草
マコモという植物の根元に出来る肥大した茎の部分を指します
th.jpg

収穫期間は9月中旬~11月の間の約1ヶ月間で
美味しく食べられる旬は9月下旬~10月中頃だそうです。
th9JV35PJ0.jpg

外側の緑色の硬い皮を白い部分までむきます
多少緑色でも柔らかければ大丈夫です。
makomotake07m.jpgmakomotake17m.jpg
切り口が瑞々しい物が新鮮。

クセがなくアク抜きの必要もないので手軽に
調理が出来ます
008.JPG

食べ方は色々あるようですがシンプルに油で炒めてみました
加熱具合でシャキシャキからホクホクに変わります
009.JPG

醤油で味付け、かつお節を乗せて出来上がり!
010.JPG

柔らかい筍の様な食感でほのかな甘みと、少し
ヤングコーンに似た味がします

その他の食べ方
天ぷら、サラダ、唐揚げ、煮物、浅漬け、きんぴら・・・など。

秋の短い期間にしか食べられないのが残念ですが
結構クセになる美味しさの「マコモダケ」です。